ネズミ駆除の方法と習性を知る大切さ

ネズミ駆除の方法を考える上で大切なのは、まずネズミの習性を知ることです。そもそもなぜ家の中にいるのでしょうか。
それはどこからか侵入してきたからです。

効率がいいネズミ駆除の方法の情報はココで集まります。

玄関を通って中に入るわけはありませんので、どこかに侵入口となる穴があるはずです。



この侵入口の穴を発見しそこに蓋をしないと、せっかくネズミ駆除に成功しても、再び舞い戻ってくる可能性があります。
次に、ネズミは夜行性の動物であり、屋根裏などを住処としますので、夜静まったときに屋根裏でネズミが走り回るような足音がしないかどうか確認しましょう。
走り回っているような足音や鳴き声などが確認できたら、いることがはっきりします。

そこでネズミ駆除用の罠を屋根裏に仕掛けることになります。
罠を仕掛ける方法として大切なのは、ネズミの通り道に罠を仕掛けることです。習性として壁づたいを歩きます。



またいつも歩いているところは光っていたり、糞が転がっていたりするので発見しやすいでしょう。

そこでその壁づたいの通り道になっていところに、集中的に罠を仕掛けていきます。

たとえば粘着シートを設置する場合は、1か所だけでなく、通り道を塞いでしまうほどずらっと並べて何か所にも設置するのがポイントです。

毒入り餌をまく場合は、毒が入っていることを悟られないように、毒の成分を少なめにして徐々に弱らせていくというのもプロが使う方法の一つです。

ただネズミは警戒心が強い動物なので、まさに知恵比べ、根気比べとなるでしょう。