侵入経路を特定してネズミの駆除を行う - ネズミ駆除の最新方法

侵入経路を特定してネズミの駆除を行う

ネズミの駆除において大事なポイントは侵入口をふさぐことです。

壁にできたヒビや屋根下の通気口などがあり、ちょっとした隙間でも体が通れば侵入します。そうなると可能性のある箇所は家中にあることになりますが、目安にするポイントがあります。

ネズミの駆除関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

ネズミが侵入した箇所にはかじった跡や体の汚れが付いて黒くなっています。


これらはラットサインと呼ばれていて、侵入経路を特定するうえで重要な目安です。



これらのサインを見つけたときには侵入経路と疑って問題はありません。
侵入経路は金網などでふさぐことが大事です。


ネズミの種類によって侵入経路が異なることも頭に入れておく必要があります。

そのため、ラットサインが見つかった箇所からどの種類のネズミが侵入したか特定することもできます。


大型の種類であれば室内に入り込んだネズミの駆除に使用する捕獲器についても強力なものが必要となります。

また、屋根裏に生息する種類のものであれば忌避剤を使用するときに燻煙タイプのものを使用する必要があります。
このように侵入経路がわかることによって、そこから先のネズミの駆除の方法が変わります。ネズミの侵入経路をより明確に判断するためには考えられる箇所に粉末状のものを撒いておくことです。入り込んでくるときに粉末を踏むことで足跡ができます。足跡から室内に入り込んだ後にどちらの方向に動き出したかを知ることもできます。



慌てずに冷静に対処することが効率的です。